FXは本当に危険なのか

main-img

FXは危険であるというイメージを持たれていますが、しっかりと資金の管理を意識していれば安全に取引を行えます。

FXの取引で注意しなければならないものにレバレッジがあり、これは口座に入金した証拠金よりも大きなお金で取引を行えるシステムです。



利益が大きくなるだけでなく、損失も大きくなる危険性があるので、これを高くした取引にはギャンブル性があります。

産経ニュースは無限の可能性に満ちあふれています。

しかし、レバレッジは小さくしていても取引は行えるので、慣れないうちから高くしなければ大きな損失になることを防げます。
国内のFXでは証拠金を上回る損失を防ぐためにロスカットと呼ばれるシステムが適用されており、証拠金と損失の割合がある程度にまで達すると強制的に決済を行い、損失の拡大を抑えられます。このシステムにより、異常な相場の変動が起きない限り、証拠金を上回る損失が出ることはありません。

また、海外のFXではロスカットの代わりにゼロカットと呼ばれるシステムが適用されており、この場合は証拠金を上回る損失が出ても、証拠金を0にするだけで不足金を払う必要はありません。
そのため、国内、海外のどちらを利用しても、基本的に損失は証拠金までになります。
また、取引できる最小通貨単位が業者によって異なりますが、これが小さいほど少ない資金で取引を行えます。

初心者の場合はこれが小さい業者を選んで少額の取引を行い、自分に向いている投資であるか確かめてから高額の取引をすると良いでしょう。

FX情報を多数ご用意したサイトです。

よく解る情報

subpage01

積極的な投資運用では、よくリスクとリターンは表裏一体と言われていますが、具体的にリスクとは何かを理解していない方が目立ちます。FXにおけるリスクとは預けた資金が減少することであり、自分がとったポジションの大きさや通貨ペアの値動きの分だけリスクを負うのです。...

more

納得の事実

subpage02

FXだけに限らず、投資に関するセミナーは毎日のように開催されています。人によっては、そういったセミナーに積極的に参加をする人もいるでしょうし、いろんな情報やテクニックを取得したいと考えるわけです。...

more

最新情報

subpage03

FXの取引をするときにチャートを見ないで購入する人はいないと思いますが、チャートにはさまざまな分析方法があります。テクニカル分析の中でもいくつか種類があり、よく使われるのが「トレンド系」と「オシレーター系」の分析方法です。...

more

皆が知りたい情報

subpage04

FXはスリリングな取引ですが、それだけに取引そのものが目的になってしまう場合が多く、時には何もせずに休むことも大切になります。取引に熱中してしまうと、ポジションを保有するべきではないタイミングでも構わずにFXを行ってしまい、せっかく苦労して積み上げてきた利益を削ってしまうので要注意です。...

more